【新刊書】滝口悠生『長い一日』(講談社)

どこまでも伸びる一日。
そして過ぎてみれば、たった一日。
小説家の夫と妻は、住み慣れた家からの引っ越しを考え始めた。
四年ぶりの長編小説。
読むあいだ、生活のなかに織り込
まれたたくさんの時間と記憶をお
もっていた。些細で、けれど大切
なものを。
磯上竜也さん
( toi books)

『長い一日』の中にある暮らし。
それは自分の体験ではない のに、
私の人生の一部という気がします。
小国貴司さん
(BOOKS青いカバ)

気がつくと、小説の中の滝口さん
を、書き手である滝口さんと重ね
合わせて読んでいました。
森佳正さん・花子さん
(八戸ブックセンター)

¥ 2,475

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料一律

    全国一律 300円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価