【新刊】デボラ・フォーゲル 著『アカシアは花咲く』(松籟社)

加藤有子 訳

日本翻訳大賞受賞!

戦間期ポーランドの作家ブルーノ・シュルツの第一短編集『肉桂色の店』成立に多大な影響を与えた存在として、知る人ぞ知る存在だったデボラ・フォーゲル。今世紀に入ってからその作品が再発見され、世界のモダニズム地図を書き換える存在として注目を集めている。
その短編集『アカシアは花咲く』と、イディッシュ語で発表された短編3作を併載。ブルーノ・シュルツによる書評も収めた。

デボラ・フォーゲル Debora Vogel, (1902/1904?-1942)
オーストリア領ガリツィア(現ウクライナ西部国境地帯)の町ブルシュティンで同化ユダヤ人の家庭に生まれる。家庭ではドイツ語とポーランド語を話したが、のちにイディッシュ語を学び、執筆言語に選択した。
独立ポーランド領に入った一帯の中心都市リヴィウで教職に就き、心理学と文学を教えるかたわら、当地のイディッシュ語作家や若手前衛画家たちと交流し、文学や美術に関するエッセイ、美術展評を発表。またブルーノ・シュルツと親交を結び、彼の第一短編集『肉桂色の店』成立に大きな影響を与える。
1930年代に二冊のイディッシュ語詩集を刊行、1935年にはまずイディッシュ語で、翌年にポーランド語で『アカシアは花咲く』を刊行した。その後は作品発表の場をニューヨークのイディッシュ語文芸誌に移し、モダニズム文学の最前線に参加する。
1941年に独ソ戦が勃発、リヴィウがナチス・ドイツに占領され、ユダヤ人ゲットーに強制移住させられる。1942年8月、ゲットー内で行われたユダヤ人一掃作戦により、母、夫、息子とともに射殺された。


加藤 有子(かとう・ありこ)
東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程単位取得退学。博士(学術)。
現在、名古屋外国語大学外国語学部准教授。専門はポーランド文学・文化、表象文化論。
著書に『ブルーノ・シュルツ─目から手へ』(水声社、第4回表象文化論学会賞)、『ブルーノ・シュルツの世界』(編著、成文社)、訳書に、ゾフィア・ナウコフスカ『メダリオン』(松籟社)などがある。

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 198円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価