【古書】 フィリップ・K. ディック 『 アルファ系衛星の氏族たち 』(サンリオSF文庫) 友枝 康子 訳

かつて植民化が企てられ、その後4半世紀にわたって放置されたままのアルファ系衛星には、いまだに地球人が生存していた。アルファ3M2―宇宙系間相互の植民地化という異常で過剰な重圧によって精神の参ってしまった人間のための病院星には、その後、置き去りにされた人々によって文明社会が築かれ、人類は七つの氏族にわかれながら共存している。

『火星のタイム・スリップ』『最後から二番目の真実』『シミュラクラ』などと同年に発表された、油ののったSF長編。


状態:経年の少ヤケ・シミあり

¥ 770

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 164円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価